スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.06.07 Monday
  • -
  • -

いろいろ使える!キャンメイクのリップケアバター

キャンメイク リップケアバター

プチプラものの中で一番大好きなメーカーのキャンメイクから
新しいリップケアアイテムが出ていたので、買ってみました。

なんだか、ぱっと見は海外製品のようなパッケージを思わせます。
全面プラスチックのケースで、ラベルは紙シール。
化粧品として捉えると、パッケージはちょっとチープすぎる印象かな。


キャンメイク リップケアバター

中身はこのようなリップバームのような感じです。

私が今回買ったのはグレープフルーツの香りのもの。
他にも、シュガーベリー、ハニーミルク、ジュースフルピーチ、
バブルグレープ、スウィートチェリーなどの香りがあります。

グレープフルーツが一番フレッシュな香りでした。
他のものは、私にはちょっと甘すぎた香りでした。
でも、どれもフルーティでいい香り。


キャンメイク リップケアバター

指先で取ってみましたが、すっとこすり取ろうとしたら、
指先の体温でぐぐっと指先が埋まっていくようなテクスチャーです。
体温でもって、すぐにゆるくなって、このような半オイル状に。

付けた感じは、普通のリップバームといった印象です。
香りも、もって2時間くらいでしょうか。
ちょっと気分転換に香りを楽しみつつ、リップケアするのによさそうです。

商品説明によると、爪まわりにもつけてよいそうです。
冬は指先も乾燥して、ささくれができやすくなりますし、
香りを楽しみながら、手軽に付けられるネイルケアとしても使えそうです。


キャンメイク リップケアバター
キャンメイク メイクミーハッピー
フレグランスリップケアバター
定価: ¥525
ピンクグレープフルーツ(全6種)
フルーツとハニーの恵みたっぷり!
果実エキス・はちみつ配合のとろつやリップバター。
口紅下地・リップグロス・リップトリートメントに。
指に残ったクリームは爪になじませても使えます。
@cosme商品情報より)

banner

付けた瞬間さらり、ポッと色づくクリームチーク

CANMAKE CreamCheek

ちょっと前に、キャンメイクのクリームチークが発売されたそうです。

クリームチークといえば、エレガンスのクリームフェイスカラーを
持っている方も多いと思いますが、モデルの梨花さんのブログで
紹介されたことから、在庫切れしているところもありましたよね。

そんな話題になったクリームチークが、ドラッグストア系コスメの中では
個人的に一目置いているキャンメイクから出たということで、
これはとりあえず買いだ!と思い、1つ使いやすそうな色を買ってみました。


キャンメイク クリームチーク
05 スウィートアプリコット(全6色)
定価: ¥609(税込)
うるっとしたジェル状なのに、質感サラサラ。
頬のせた瞬間すっと溶け込んで、肌の内側から
にじみ出るように発色。 頬が自然に紅潮したような
仕上がりに。(公式サイト商品詳細より)

CANMAKE CreamCheek

パケはまさにプチプラそのもの。でも憎めない可愛らしさがあります。
フタを開けると、チラチラとゴールドの細かいラメが光っています。

クリームチークは、スポンジで付ける方も、指で付ける方もいるますが、
私としては、指で付けるのがいちばん上手くつけられる気がしています。
指先でぐるぐるっとチークを取り出してみると…


CANMAKE CreamCheek

このように跡が残るくらいのテクスチャーです。
クリームともジェルともつかない、柔らかく軽いタッチです。

私も持っているエレガンスのクリームチークはぺったりとしていて
このキャンメイクのクリームチークよりは重たいテクスチャーです。

これを、腕の裏にそのままつけてみました。


CANMAKE CreamCheek

クリームチークは、ポッと内側からにじみでてくるような血色感が好きです。
この血色感が表現できるのはクリームチークならではですよね。
この感じが気に入ってからは、ずっとクリームチークばかり使っています。

実際に、頬につけて一日過ごしてみましたが、落ちてしまうこともなく、
色がくすんで顔色が悪くなってしまうようなこともありませんでした。
さらさら感もそのままでしたし、ラメも全然おちていませんでした。


このような練り状のチークは、既に多くでていますが、
私が今まで使ったことがあるのは、エレガンスRMKです。
全部使ってみたことがあるので、下記に簡単に比較してみます。



[エレガンス] クリームフェイスカラー

[エレガンス] クリームフェイスカラー油分が多めなテクスチャー。
付ける時も、付けた後も、肌の上でペタペタ感が残ります。ペタペタ度合いが高いせいか、ベースメイクがパウダリーのときは付きがよろしくありません。

リキッドorクリームファンデのときのみ使用してます。
チーク部分はテカるのでフェイスパウダーが必須。



[RMK] ジェリーチークカラー

[RMK] ジェリーチークカラーエレガンスに比べると油分はそんなに多くないです。
付けた後はわりとさらっとした質感になります。

私の付け方が下手なせいか、付けるときにベースメイクがハゲてしまいます。剥げたファンデが指先や専用パフに持っていかれて、チークとまざって固まって付着し、頬だけメイクが崩れてしまうことも…。



[キャンメイク] クリームチーク

[キャンメイク] クリームチーク付けるときは柔らかく軽いクリーム状。

付けた後はRMK以上にサラっとしています。つけたものがクリームチークだったとは思えないほど。そして、エレガンスよりもRMKよりも、格段にぼかしやすいです。この絶妙なテクスチャーなので、ベースメイクが、パウダリーでもリキッドorクリームでも付けられます。



こんな具合に、私が一番気に入ってしまったのは、
一番プチプラなキャンメイクのクリームチークでした。

気に入るものは値段ではないなぁと思わせられたアイテムです。


banner

エイジングケアができるアロマなシートマスク

ラ・カスタ シートマスク

9月上旬に発売された、ラ カスタのシートマスクです。
アロマな香りに満たされながらエイジングケアを目的としたもの。

この美容液は、ひとことで言うなら「濃密」。
美容液自体は透明に近い色で、少しとろみがあって
うるおい成分などがぎゅっと詰め込まれているかのよう。

香りは、商品説明通り、まさにウッディフローラルな感じ。
森林浴を思わせるような、すごくリラックスできる香りです。



肝心の付け心地ですが、「濃密」な美容液が
シートマスクにしっかりとしみ込んでいるので密着感はとても高いです。
時間の経過でずれおちてくることもありません。
かなりひたひたに液がついているので15分は付けていられます。

うるおい面もしっかりとしていますが、ハリと弾力も得られます。
マスクはピンからキリまで数々ありますが、この香りの良さは
他ブランドのシートマスクには真似できないなと思います。

香りもよくて、エイジングケアもできるということで、
定期的に取り入れたいマスクの1つです。


定価: 5枚入り/¥3,675
うるおいに満ちたぷるぷる素肌へ。
天然の樹木成分をはじめ、ハーブエキスを配合した
濃密な美容液をたっぷりと含んだシート状マスク。
深いリラックス感をもたらすウッディフローラルの香り。(公式サイト商品詳細より)

banner

さらっと仕上がる香り豊かな自然派ヘアケア

Kiehls ヘアケア

ここ最近、キールズのシャンプーを使っています。
キールズは自然派コスメの老舗として有名ですよね。

私が使っているのは、ボリュームが出るタイプのもの。
ノンシリコンシャンプーゆえ、洗い上がりはちょっときしみます。
また、泡立ちも良いとは言い難く、最初のすすぎを念入りにするなり、
プレシャンプーをするなりする必要がありそう。

香りもハーバルな感じで大好き。ちょっとジンジャーな風味も。
特長ある香りだけど、そんなに残り香が長く続くことはないです。
このシャンプーの真価を見ることができるのは、ドライ後。
他のシャンプーよりも、さらさらでボリュームある仕上がりです。





私は気分によって、いろいろなヘアケアを試していますが、
どれを選ぶ上でも共通しているのが髪のタイプによって
処方が分かれているものを選ぶようにしています。
なぜかというと、私の髪は細くてボリュームが足りないからです。

よくある、しっとりタイプのヘアケアを使うと、
すぐにボリュームがなくなって、髪がへたってしまうの。

最近使ったことがあるものは、キールズの他に、
モッズヘア、ディシラ、ラ・カスタなどがあります。
いずれも、髪のタイプ別に処方されているものです。

なんだかんだ、ごたくを並べても、私の場合、
ヘアケアを選ぶきっかけは、結局「香り」です。


Kiehls ヘアケア
定価: ¥2,625/¥2,940
髪にハリがない、細くボリュームがない方に。
ライスプロテイン、ハチミツ、ホホバオイルが
自然なボリューム感を与え、しなやかな髪に。
伊勢丹オンライン商品説明より)

banner